tukigamanikki.cocolog-nifty.com > 茶会の和菓子

京都「藤野」 落雁
水無月
観世水 青楓
浅草「梅園」 すみだ川
京都「藤野」 とうふ落雁

<< 前 | トップページ | 次 >>

浅草「梅園」 すみだ川

浅草[梅園]の干菓子「すみだ川」です。京都の和菓子屋さんと違って、素朴ですよね。生菓子もそうですが、関西は華やかで関東は地味です。お茶室は暗いので、京都でははっきりした色合いのものが好まれるのですね。
梅園さんの干菓子は「流石、お江戸浅草!」な遊び心が詰まっています。

とり→    都鳥 在原業平の「名にしおはば いざ言問わん 都鳥 わが思う人は あり
        やなしやと」の歌に因んだものでしょう。言問橋という名前の橋も、実際に残っ
        ていますよ

ひょうたん→ひょうたん池 今は埋め立てられてしまいましたが、JRAの辺りにあった池です。
       いまでも「ひさご通り」という通りは残っていますね!

たわら  →浅草御蔵 江戸幕府が全国から集めた年貢米などを収納していた蔵です。
       蔵前という地名や橋はよく耳にするでしょう。

しょうろう→浅草寺 時の鐘 大正時代まで使われていたという時の鐘。
       松尾芭蕉が「花の雲 鐘は上野か 浅草か」と詠んだ区が有名です。

さくら・りゅうすい→隅田川に因んだものでしょうか?
うめ       →梅まつり

「これはもしかして・・」みたいなお話がふくらんで、楽しいお菓子ですね!  

固定リンク